FC2ブログ

伊勢神社の御朱印

2009.09.07 09:10|神社探訪
 さて、今回は「九州のお伊勢さん」こと、「伊勢神社」の御紹介です(^.^)

 460年ほど前、杉村隼人さんという人物が、伊勢神宮になんと53回の参詣をして、その熱い信仰心から全国でただ一か所、伊勢神宮からのご分霊を許された神社だそうです。

 江戸時代、53回も伊勢神宮に参拝…当時はお伊勢参りは「世界一周旅行」に匹敵する費用もかかり、かつ、ここ佐賀の地からは直線で約600キロ!!それを往復106回も行ったり来たり…。

 つまり、帰ってきたと思ったら、すぐお伊勢さんへ出発!という、すさまじいくらいの信仰心だったんですね(^.^)

 まさに”お伊勢さんフリーク!!”(爆)

 そんな伊勢神社は長崎街道沿いにデンと…ではなく、ひっそりとあります。
 
 ちょっと奥まったところにあるので、初めて行く人はわかりにくいかもしれません。

 なので、この写真のように”肥前鳥居”を見つけるとわかりやすいと思います。


 佐賀県と長崎県の一部、久留米市の一部にはこの肥前鳥居が多いのは、当ブログでもおなじみですね(^.^)

 この鳥居は江戸時代前期のもので、佐賀県の重要文化財に指定されています。

 意外と小さな神社ですので、神門をくぐるとすぐに拝殿があります。


 私はまだ伊勢神宮のほうには参拝していないので、よくわからないのですが、こういう感じではないと思いますが…。

 で、拝殿前のエース狛犬はちょっと怪獣っぽい…^_^;


 どうも、佐賀県内の狛犬は岩に前足を乗せて、後ろ足を伸ばした”美脚自慢狛犬”が多いみたい…。

 さて、今回の目的はこの「エース狛犬」ではなく、こちら…あ~、こんなところに!!

 こちら!ジャン!肥前狛犬です(^.^)


 シュロの木の下に小さく座っている狛犬…「ゴジラの息子」だなんて言わないでください。これでも県の重要文化財ですよ(^.^)

 なのに、木の下に…(T_T)

 肥前狛犬は滅多にない珍しい狛犬ですが、製作年代がはっきりしないものが多く、ここ肥前狛犬は寛文7年(1667年)と銘があります。

 それにしても、すごいルックス…九州のいろんな狛犬を見てきましたが、これもある意味すごい狛犬です。

 ちなみに久留米市の水天宮の摂社「水神社」には、これまたすごい肥前狛犬があります。

 おそらく、もとの形は水天宮のものだったのかもしれませんね。

 なお、伊勢神社にはもう一つ、「古伊万里赤絵狛犬」という磁器でできたすんごい狛犬があるのですが、これは九州陶磁文化館(有田町)に展示されています。

 HPを掲載しますので、絶対興味がある越前屋さん、ぜひご覧ください(^.^)

 ここの神社は長崎街道の目の前…ちょうど昔の道しるべが残っていました。


 なんともリアルな指先…(笑)ここ、長崎街道の終点はなんと、浦上天主堂なんですよ。

 で、街道の名残を示すとっても素敵な側溝の蓋…。


 籠を担いでいる人はちゃんと杖をもっているところが、実にリアル!(笑)

 街を抜けるまで街道沿いにこうしてあるんですね~。

 いつか、街道を歩いてみたいです(^.^)

 さて御朱印…。


 御朱印は昨年のものです。

 実はもらった日が大雨で、神社の中をきれいに撮影することができず、近日改めて撮影に行きました(^.^)


  伊勢神社

  佐賀市伊勢町9-8

       HP… http://www.isejinja.or.jp/
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ