FC2ブログ

久しぶりの遺跡にて

2012.05.09 08:17|go!go!go!

 
 発掘現場の後に、久しぶりに遺跡を回ってみました。
 
 この日は雨上がりで吹く風は気持ちよかったけれど、日差しはかなり暑かったです。
 
 遺跡のほうもだいぶ古くなってきました。さすがに一度に屋根の吹き替えはできないので、今回は2~3か所ほど葺き替えられていました。
 
 ガイドを務める弥生人も大活躍でした。
 

 
 
 
 
 あ、こっちの弥生人のガイドは結構スルーされていました^^;
 
 入り口で待つよりも、住居のそばにいたほうが、ハントしやすいと思うんですが…(* ̄m ̄)
 
 頑張ってください、弥生人!応援していますぜ、あたしゃ(^_^)v
 
 
 
 
 
 
 

 
 こういうのを見ると、稲作は東南アジアを経て我が国…とりわけこの地にやってきたのだなぁと、感慨深いものがあります。
 
 「ネズミ返し」ですか?こういうのが付いていると、余計にそう感じてしまいます。
 

 
 
 悲しいかな、職人の娘はこういうのを見ると撮らずにいられません^^;

 昔は山ほど茅があったのでしょうけど、今は少ないですね…。
 

 
 冬は暖かく、夏は涼しい竪穴式住居。
 
 究極のエコ住宅ですね(*^_^*)これに防犯設備がしっかりしているなら、我が家も竪穴式住居に変えるところです(爆)
 
 ちょっと前の日本なら、防犯設備もいらなかったであろうに…。
 

 
 住居跡から離れて、少し歩くとシロツメグサとウマノアシガタの海がありました。
 
 ここはまだ発掘されていない場所だと思います。この下には何があるんでしょう…。
 
 実はこの場所からフェンスを越えたところに、とても小さな神社があって、そこは一般に知られていない、とてもミステリアスな現象が見れるのです。
 
 古くからいる地元住民はここの遺跡と関係あると言っておられますが、学術的には完全スルーなんですよ。これからマムシの季節になるので行けなくなりますが、そのうちここも行って記事にしたいと思います。
 
 どんなミステリーがあるのか…ふっふっふ、楽しみにしていてください。
 
                                               人の声しか聞こえない遺跡の中で、唯一の人工物の音は銅鐸の音。
 
 これは人の手で鳴らすのですが、風に吹かれて自然と音が出ていました。
 
 なかなかいい音がします…癒しの音ですね(*^_^*)
 
 連休中はとても多かった我が町自慢の遺跡。
 
 久しぶりに来たけど、なかなかのものでした(^_-)-☆  
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ