FC2ブログ

阿蘇山西巌殿寺の御朱印

2009.05.24 13:29|寺院探訪
 阿蘇神社で参拝を終えて、もう一つ行っておかなければならないお寺がありました。

 それが西巌殿寺です(^◇^)

 山号が「阿蘇山」ということでお分かりかと思いますが、阿蘇山と阿蘇神社に大変ゆかりのあるお寺です。

 ここのお寺、726年にできたのですが、当時天竺からやってきた「最栄読師」が開いたお寺なんだそうです。

 なんとも、インドからこんな九州、しかも阿蘇の山に…御苦労様です。

 当時最栄読師は阿蘇山火口を覗くと中から九つの頭をもった龍が現れ、その龍は阿蘇神社のご祭神「健磐龍命(たけいわたつのみこと)」だったそうで、その火口のなかに十一面観音菩薩が地獄の業火に焼かれる亡者の救済をしているところから、ここの洞窟(巌殿)に本尊の十一面観音を奉ったそうで、そこから西巌殿寺の名前が来ているそうです。

 詳しいことは最後にHPを掲載しますのでご覧ください。

 で、入口ですが…


 山門からだと我が「トヨタのベンツ号」ではちょっと心もとないので…^_^;焼けた本堂跡に車を止めました(*^_^*)

 実は、本堂は平成になってから、原因不明の出火で完全に消滅してしまい、本尊が安置してある今の本堂は山門横にあります。

 本堂内部です。


 本尊は先に述べたように「十一面観音」ですが見ることはかないませんでしたが、幸い、 本尊の写真がありました…。


 制作年はわかりませんでしたが、県指定重要文化財になっています。

 ここの脇侍、「不動明王」、「毘沙門天」も同様に県指定重要文化財です(^.^)

 ということで…ここは修験道のお寺さんなんですね(^.^)

 ですからここは、容赦ない、こんなすごい階段が…(+o+)


 昔はこんな手すりもなく上っていったんでしょう、ありがたいんだけど、階段はガッタガタ…(-_-)

 がんばって登らないと車はこの上…しかも、普通のズックの私でしたので滑るのなんの…。

 傍らには小さな祠…これ、「天神社」なんだそうです。


 さすが神様とともにあるお寺です。

 苔むした屋根だけど、とてもきれいに掃除されていますね(^.^)

 階段を上っていくと、すぐわきには自生の「エビネ蘭」がたくさん\(◎o◎)/!


 これ一つではありませんよ、どっさり咲いていました…。

 花は全部同じでしたが、とても平地では見ることができない、とっても美しい眺めでした(^.^)

 やはり自生の花は美しい…(*^_^*)

 階段を上りきると、県指定天然記念物のイチョウがドドンと!!


 空気がきれいなせいか、緑がすごく濃い!!

 黄色くなると、またきれいなんだろうな…。

 焼失した本堂跡が…


 かなりの大きさだったんでしょうね…なんか空しい光景です(+_+)

 火口にここのお寺の奥の院があり、阿蘇神社の上宮もあります。

 また出直して、奥の院と上宮に参拝しなければ!!

 で、御朱印…


 ここは「九州西国霊場13番札所」、「九州四十九院薬師霊場三十番札所」など、計4つの札所になっています(^.^)

 今回は西国霊場をいただきました(*^^)v



   阿蘇山西巌殿寺

   熊本県阿蘇市黒川1114

   HP…http://www.saigandenji.com/

  
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ