FC2ブログ

薄っぺらな本ばかりでしたが…

2009.05.22 09:46|読書いろいろ
 やっぱり5月は気候がいいということもあってお出かけする機会が多かったのか読書をする時間があまりなく、この2週間は読みやすい本や、薄い本ばかり読んでいました(+_+)

 我ながら不本意と思いながらも、それでもいい本がありましたのでご紹介しますね(^◇^)


漬け物大全―美味・珍味・怪味を食べ歩く (平凡社新書)漬け物大全―美味・珍味・怪味を食べ歩く (平凡社新書)
(2000/10)
小泉 武夫

商品詳細を見る


 サブタイトルの「美味・珍味・怪味を食べ歩く」というのに惹かれました(^.^)

 美味・珍味はわかるとしても、怪味とは何???(笑)

 この本には「漬物」といっても野菜の漬物だけでなく、魚介類の漬物…いわゆる干物やへしこといったものまで紹介されているんです。

 漬物がいかに健康食品であるか、郷土や世界の漬物をわかりやすく書いているのでなかなか面白かったです。


日本美術 傑作の見方・感じ方 (PHP新書)日本美術 傑作の見方・感じ方 (PHP新書)
(2004/06)
田中 英道

商品詳細を見る


 これもなかなかお勧めの1冊です(^◇^)

 神社仏閣や美術館巡りが好きな私にとっては実にバイブルな本!!

 そういう日本美術の傑作をいかに素晴らしいものなのかをわかりやすい言葉で書いています。

 この本にも書かれていましたが、なぜヨーロッパではモナ・リザと並んで葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」が傑作と称されるのか、モナリ・ザと法隆寺の「百済観音」の共通点の多いところなど、われわれ日本人が見落としている我が国の文化遺産の素晴らしさをよく書いていますね。

 これはぜひ書店で買って手元に置いておきたい一冊です(^.^)
 

「裏モテ」の秘策―女のためなら手段選ばず!「裏モテ」の秘策―女のためなら手段選ばず!
(2005/07)
不明

商品詳細を見る


 これも同じくサブタイトルの「女のためなら手段を選ばず!」というのに惹かれました(^.^)

 この本…いろんな職業の方が書いていらっしゃるのですが、中には「お持ち帰り評論家」とか、「現役OLの研究グループ」とかまことしやかな職業の方まで(爆)

 最後まで読んでみて、さすがの私も「こんな風に誘われたら断る口実が見つからない!」と思えるようなすごい口説き文句の連発!!

 中でも面白かったのが作家の岩井志麻子さんのお話…。

 この方、韓国にBFがいらっしゃるそうで、なんでも「北朝鮮の女スパイ」に間違われたんだとか(笑)

 何となくわからぬもないけど…(笑)


 【世界を揺がす宗教団体 謎と真相】/別冊歴史読本
 この本は…う~ん、あまり面白くなかった…。

 タイトルの割にはいろんなタブーがぼんやりとしてしか書いていないし、なんだか核心を突くところがなくて面白みに欠けました…。

 なんかタイトルにだまされた感じ…(笑)


酒の器…私の逸品酒の器…私の逸品
(2000/09)
安藤 裕、信濃毎日新聞社出版局 他

商品詳細を見る


 信濃…ということは長野の方なのかな?

 そちらに住んでいる著名人がもっている愛用の骨董や、こだわりの器などが
きれいな写真とエッセイで紹介されています(^.^)

 やっぱりいいものはいいですね~(^.^)

 目の保養になりました。

 そんでもって、今回のお勧めはこちら…


女霊女霊
(2006/11)
家田 荘子

商品詳細を見る


 「極妻」でおなじみの作家、家田荘子サンの書いた自伝的エッセイです。

 二部構成になっていて、前半は過去のつらい出来事や得度するまでの過程が描かれています。

 後半は日本の霊山を登る登り方や、それにまつわる人々との出会いなど心温まる内容にになっています。 

 この方…男運がなかったんですね…なんというか、ちょっと切ないことばかり書いています。

 最後の方は元気をもらういい内容の本なのでぜひお勧めして読んでいただきたい本です。

 とてもいい言葉が書いてあったので書き記しておきます…。


その苦しみは避けられないけれども、コツコツと日々頑張ってすごし、「今が楽しい」と思えたなら、きっとこの先も、そして死後も楽しいと私はいつも考えている。苦しくて命を絶っても、その苦しみは死後も続く。今を頑張って、楽しく生きる。楽しいと感じることができる毎日にする。



 まあ、私は本屋さんではありませんが…(笑)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ