FC2ブログ

阿蘇神社の御朱印②

2009.05.20 10:14|神社探訪
 さて、昨日の続きです。

 昨日は歯がしみてズキズキ…(+o+)

 それはさておき、昨日あやちゃんがGoogleマップを教えてくれたので、上空からの神社の並びをご覧ください。

 あやちゃん、ありがとう(^◇^)


 これだけ大きな神社なのに、狛犬はたった一対…。

 摂社にも末社にもありません。

 たった一対でこんな大きな神社を守る狛犬さん…。


 う~ん、なんだか普通…(-_-)

 結構古いものなんですけど、同じ熊本でも本妙寺みたいに超個性的な狛犬を想像していただけにちょっと意外でした…。

 あまり個性的でオリジナリティーを好まないのは紀元前からある神社だからでしょうか?

 狛犬ファンはちょっとがっかりかも…?

 大きさは肥満の柴犬ぐらいで、あまり大きくはありませんでした。

 阿像の狛犬さん、下の歯がもうあまりない…イプラントさせんといけんね(笑)

 ここにはかの有名な「高砂の松」があります(^.^)


 今では結婚式で「高砂」を歌う人ってほとんどいなくなってしまいましたが、我が結婚式では「どうしても歌いたい!歌わせて!!」という招待者がいましたので歌っていただきました(^.^)

 なんというか、他にも「踊りを踊らせてくれ」だの「○○を歌わせて」だの、まったくもって私らの披露宴が演芸大会になってしまった懐かしい思い出がある「高砂」…。

 そんな縁起のいい「高砂の松」は ちょっと枯れかかっています…あわやピンチ!
謡曲高砂で有名な阿蘇大宮司友成卿が1020年前に播州尾上から名高い松の実を持ち変えった松。
縁結びに霊験があるとされております。

                    阿蘇神社パンプレットより
 縁結びの松ということで、学生たちがぐるぐる回っていました(^.^)

 女性は正面右から2回まわり、男性は左から2回まわって願をかけます。

 なんだかイザナギノミコトとイザナミノミコトみたいですね…。

 もう一つ、願掛け石というのがあります。


 こちらは阿蘇大明神がもろもろの願いを込めて額づかれたといわれています。

 ですからもろもろのお願い事はかなえてくれるというわけで…もろもろと…(笑)

 これがその「願掛け石」です(^◇^)


 最初にお願い事を念じて、その後にこの石をさすります。

 そして2回、先ほどの願い事を繰り返して念じます。

 私もしっかりお願い事をして気ました(^.^)

私だけの幸せのみ!!(笑)

 みなさん、いろんなお願い事があるのか、石はツルツルしていますよん❤

 そしてここには戦前の教育では暗記させられたらしい、教育勅語がありました。


 睦仁(むつひと)とは明治天皇のお名前のことです。

 この碑は昭和63年ごろにどなたかが寄進されていたようです。

 その隣には「背比べの碑」といって、メジャーのついた御影石が立っていました(^.^)

 こちらの神事はとても珍しいものがあります。

 一度は見てみたい、火振り神事(神様の結婚式。毎年やっている!!)や御田植神幸式祭など、およそ都会では見られない神事があります(^.^)

 これは御朱印をいただいたときにはさんでくださった紙です。

 これに御田植神幸式祭のさいに神様の供物を運ぶ「ウナリ」という女性が描かれています。


 う~ん、ぜひとも見てみたい!!

 境内から見た阿蘇の山…


 かすんでいるけど、よか天気…。ちょっとおなかいっぱいですが…(笑)

 御朱印です(^◇^)


 結構普通かな…でも肉厚な感じの御朱印です!

 こちら、1500円で御朱印帳も売っていました(^.^)

 さて、神様が高菜めしを食べにまたおいでと言うので、魔除けの龍の撮り直しはその時にしよう(笑)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ