FC2ブログ

熊本城本丸御殿と昭君之間

2009.04.04 11:06|go!go!go!
 やはり高いところが好きな私は天守閣とたっぷりと堪能し、そのあと復元された熊本城本丸御殿へと見学に…。

 先日の投稿で屋根だけはちらりと見えていましたけど、入口を撮影したいと思っていましたら、平日にもかかわらず団体さん(円高なのに特に外国人観光客!)でごったがえし、撮影不可能…(+o+)

 で、中から撮影です。

 入口には熊本城の全景が模型で作られていました。

 これもまたガキンチョが占領してよく見えず…(+o+)

 ということで大人な(笑)私はこちらから…

 復元された屋根瓦です。

 ボロボロのものはたぶん西南戦争で焼けたもの、あるいはその前の出火だと思います。


 肥後細川家の家紋'''「九曜紋」ですね。

 ということはもともと本丸御殿は加藤家が改易された後、細川家が建てたものだったのでしょう。

 ここの復元された本丸御殿には加藤清正の家紋「蛇の目紋&桔梗紋」はありませんでした。

 で、大台所に進むと台所より、天井の骨組みが気になる!!


 米松やケヤキなどで組まれた天井は釘を一切使っていないそうです。
 
 また囲炉裏の煙が外に逃げやすい工夫になっています。

 当然、ここで現在囲炉裏が使われることはありませんので、煙で天井が黒くなることはないでしょう。それはそれで味気ないのですが…(+o+)
 
 「昭君之間」に行く前にたくさんの部屋があり、いろいろなところで掛け軸や襖絵、杉戸絵を見ることができます。


 大抵の武家の家にはこのように「鷹」と「日の出」の掛け軸が飾ってあります。

 旭日猛禽図作者は矢野雪叟といいまして、これはもちろん複製画です(^.^)

 本物は熊本県立美術館にありまして、だから撮影OKだったのかも…?

 しかしフラッシュ撮影は禁止です。

 ここ本丸御殿はフラッシュをしなければ、ほとんどのところが撮影可能なのです。

 杉戸絵も見事なものです。




 そして大広間をずんずん歩いていきます。


 写真右側の障子の上の部分、そして広間の部分には「白い」壁になっているのがわかると思いますが、実は何も描かれていないのは復元する資料がないからなのです。

 要するに「わからないから描けない」んですね。

 たしかに何か書かれていたのは間違いないのですが、先に紹介した矢野雪叟が書いた「複元根拠資料」には残っていなかったのか、あるいは欠損していたのでしょう。

 文化庁から復元の許可が下りなかったそうです。

 ですから、なんとしてでも草の根かき分けてでも資料を探さねばなりません…。

 がんばれ、熊本県教育委員会!(笑)

 で、「昭君之間」の正面に来ました(^.^)


なかでも一番格式の高い部屋が「昭君の間(しょうくんのま)」と呼ばれる部屋です。この部屋には、中国の漢の時代のお話で、胡の国に送られた絶世の美女、王昭君の物語が描かれていました。
極彩色…できたばかりとはいえ、すんごい!!




 やはりここも白い部分が残っています…(+o+)

 はやく全部埋まることを願わずにはいられません。

 そしてこの昭君之間には隠語が隠されているという、有名な話があります。
「昭君の間」は実は「将軍の間」の隠語であるという説もあります。熊本城を造った加藤清正は豊臣秀吉子飼いの武将。その遺児である秀頼に万が一のときは、清正にはこの熊本城に秀頼を迎え入れ、西国武将を率いて徳川に背く覚悟があり、そのための部屋が「昭君の間」というのです。
また、昭君の間には抜け穴伝説もあります。熊本城築城に携わった大工の棟梁善蔵(ぜんぞう)が語った「大工善蔵より聞覚控」という古文書が残されています。
「昭君の間の後ろの壁が回り、床下の通路にはしごと縄で下りれば、そのまま門をくぐって城外へ出れるようになっていた。」そうです。
              熊本城公式HPより抜粋
 復元されたこの後ろの壁ははたしてクルッと回るのでしょうか…?(笑)

 ガイドさんが何もしないということはそうではないらしい…(^◇^)

 こういう伝説があるということは、やはり加藤清正が死後一族が改易になったというのもうなずけることですし、「秀頼の子=天草四郎」という伝説がまことしやかに歩いているというのもわからなくもありませんね。

 さてさて、熊本城を後にし…


 やっぱりいいよなあ、熊本城!!

 ということで、お昼になって腹ごしらえ…かの熊本名物、「太平燕」を食べに行くことになりました(^.^)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ