FC2ブログ

ザビエル記念堂…ん~

2009.03.29 16:04|go!go!go!


 とにかく時間があったので、しかも観光パンフレットにも「瑠璃光寺」と同じ大きな扱いをしている「山口ザビエル記念堂」にも行ってきました。

 長崎の古い教会を何度も見ている私にとって、ちょっと斬新的な建物に写ったのでした。
昭和27年、ザビエルの山口来訪後400年を記念して建堂されましたが、平成3年9月5日に焼失し、平成10年4月に再建されました。
新聖堂は神を象徴した「光」と、「水」「テント」が全体のテーマになっています。

また、高さ53メートルの2本の塔を配し、屋根が建物全体を覆う三角錐となっている斬新なデザインで、テント(幕屋)をイメージとしてつくられています。
           山口市観光ガイド「山口こころまち」より抜粋
 なるほど、まだ比較的新しい建物だったんですね。

 駐車場から降りて真っ先に目についたのが、この方!!


井戸端会議ならぬ、井戸端で説教するザビエル!

 なんだか「ザビエル」って、あの有名な絵のイメージ(てっぺんが禿げているヤツ)が強いせいか、イマイチ「ザビエル」っぽくない感じがしたけど、ちゃんとこの方がザビエルですよって、説明書もありました(^.^)

 イメージって怖いですね~(笑)

 しかもザビエルも頭がいいというか、心得ているというか、絶対井戸の周りには人が集まるから布教がしやすかったんでしょうね。さすが…。

 で、売店(?)らしき建物にはこのような言葉が張り出されていました。


 マザー・テレサのお言葉のようですが、直筆ではないでしょう。(当然)

 こちらに来たかどうかはわかりませんが、キリスト教徒ではない私でもこの方は好きな方でした。

 こちらには見事な「馬酔木」が…

 京都、宇治の「三室戸寺」を思い出す…(^.^)

 教会の屋根は照り返しであっつい!!

 で、いきなり「ぐぅおぅぉんぅぉお~~~~ん」と鐘が鳴り出す\(◎o◎)/!

 さすがの私もおどろいて、「なんじゃこりゃ~!!」とのけ反る始末!

 だって53m上にある9個の鐘が一斉になるんだもの…しかも、ジャスト14時だからいつまでも鐘の音が長い…(+o+)

 あまりの音の大きさに記念堂の中に入ると(避難)、なにやら…失礼やけど、「能面」みたいに無表情な人が受付におって、無料なんやけど、でっかい「寄付」を受け付ける箱があって…(-_-)

 旦那さんはあの鐘の音にすっかり興ざめして一刻もこの場から立ち去りたいらしくなったみたいで(笑)、鐘が鳴り終わるとそそくさ駐車場に戻って行ってしまいました(笑)

 せっかくだからと私だけ礼拝堂の中にはいると、ちゃんとした礼拝堂になっていて、お祈りをしている人もいてじゃませんように…。

 傍らには「ザビエル」本人の指の骨の一部がありました。

 遺体はイタリアのほうに安置されているらしく、「聖人」クラスになるとゆかりの地に骨の一部を安置するらしいのです。

 残念ながら写真はありませんが、年月を経て灰色になったザビエルの骨…。

 こういうのは仏教でいうところの「仏舎利塔」に近いのかな?

 いまいちキリスト教に精通していない私でしたが、帰り際…

 「ダミアン」と聞いてビビる私…しかも中には誰もいない…(+o+)

 だいたいは覗いてみる私だけど、もう「ダミアン」の名前を聞いてお腹一杯…。

 やっぱ、私の世代は「オーメン」で育ったせいか、この名前は怖いと思うのでした…。

 あの「ダミアン」とこちらの「ダミアンさん」はまったく別人なんやけどね…(笑)

 なんというか、長崎の古い教会ばかり見ている九州っ子の私にはこういう斬新な教会はイマイチピンとこなかった…。

 いい悪いではなくて、長崎の教会に比べたら歴史を感じるものがあまりなかったのでちょっと物足りなかった感じでした。

 そのうち年月が経っていい建物になっていくのだろうけど、その時は何年先だろう…。

 帰り際、また「ぐぅおぅぉんぅぉお~~~~ん」と鐘の音が!!

 どうも15分おきに鳴っているようです><(爆)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ