FC2ブログ

香山公園から洞春寺へ

2009.03.22 14:42|go!go!go!
 瑠璃光寺五重塔を何度も振り返り見ながら、毛利家墓所のある「香山公園」を抜け、「洞春寺」へと行きました。

 香山公園内(瑠璃光寺)には「大内弘世」の銅像があります。


大内弘世(おおうちひろよ)
南北朝時代の守護大名。大内氏の第9代当主。第8代当主・大内弘幸の嫡男。1366年、石見国の南朝勢力を駆逐した戦功により、石見守護に任じられる。1371年からは九州探題となっていた今川貞世(了俊)を助けて大宰府攻略や南朝勢力の攻略に戦功を挙げた。1374年、安芸国の毛利氏を攻めたが、3代将軍・足利義満から咎められて石見守護職を剥奪されたため、撤兵した。1380年に死去し、後を子の大内義弘が継いだ。弘世は本拠を大内館から山口へ移転し、京都に倣った都市計画に基づく市街整備を行う。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋
 ということで、西の小京都「山口市」の基礎を作った人で、嫡男大内義弘の代になると、応仁の乱をさけた京都の文化人がやってきて、当時の有力大名になったわけですが、応仁の乱で敗れた義弘は戦死。

 以後、大内氏は衰退してしまったわけですな…。

 もし、大内氏が勝っていたら後の歴史は変わっていたかもしれない…と思います。

 で、歩いていくと非常に面白いものを発見!!ジャン!!


 これのどこが面白いの?というあなた、実はこういうことなんですよ(^.^)

 そう、うぐいす張りの石畳なんですね(*^^)v

 うぐいす張りといえば、京都の二条城などが大変有名ですが、それらは板でできたもの。

 これは石畳なので結構珍しいものかと…。私も初めてでした!!

 さっそく試してみると、うんうん、たしかに「きゅっ」とか「プッ」とか「ブー」とか音がする!!

 それも全部の石畳が音がするわけでもなく、場所によっては音の大きさも違うので結構楽しい♪♪

 しかしあまりにも夢中になって痛めていた膝が痛くなってきた…(+o+)

 階段を上がると墓所に到着…。


 あまり近寄っても柵が邪魔してよくわからんし、歴代毛利家の墓所だから誰が誰こっちゃよくわからないので、全体がわかるように写したんだけど…あまりにも広すぎてよくわからない…(+o+)

 そんなこんなでまた石畳を踏みながら、洞春寺へ…。

 洞春寺は毛利元就の菩提寺です。


 写真は本堂で、江戸時代に焼失した後に再建されたそうです。

室町時代の1430年に、大内持盛(おおうちもちもり)が建立した観音寺の本堂でした。観音寺は江戸時代末には衰退し、そののち荒廃がひどくなったので、1915年に洞春寺に移築されました。
                山口県文化財要録より抜粋
 室町時代の建物らしく、本堂の「和様」とはちがう建物だということがよくわかりますね。

 今は銅板葺きの屋根ですが、もとはもとはこけら葺きだったそうで、私としてはこけら葺きのほうが好きなんだけどな\(^o^)/

 まあ、そんなこんなでこちらで御朱印をいただこうかと思ったのですが、工事中でごった返し、納経所もよくわからなかったで断念…(+o+)

 まあ、急に来たから下調べする時間もなかったし…。

 またおいでということでしょう。

 この後さらに散策が続きます(^.^)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ