FC2ブログ

海の紅葉

2008.11.13 14:29|をりふし・秋
 昨日の読売新聞に「海岸も秋一色」という記事が載っていました。

以前からこの「海の紅葉」を見に行きたいと思っていましたので、朝早く東与賀海岸へ出かけて行きました\(^o^)/

 ごらんください、「海の紅葉」ことシチメンソウの群生です。


 抜けるような青空に赤いじゅうたんが!!

 日本ではたったの2か所(ここ有明海沿岸と北九州から大分県北部の海岸)のみに自生する塩生植物で、アガサ科の一年草です。

 現在、環境省のレッドリスト絶滅危惧種Ⅱ類に分類されています。
 
 非常に環境の変化に敏感な植物だということですよ(^.^)

 赤→緑→赤と変化する様は七面鳥の顔色の変化するさまに似ていることから「シチメンソウ(七面草)」と名付けられたそうです。

 紅葉する様子をご覧ください。


 ちょうど紅葉途中のシチメンソウがありました\(^o^)/

 シチメンソウヤードを歩いて行きます…。結構いい散歩になりました…(+o+)

 振り向くと、光の加減でまた違った色に見えますね(^.^)

 なんだか整備されて植えられているように見えませんか?

 実は先ほど述べたようにシチメンソウは環境の変化に敏感で、ちょっとしたことで枯れてしまい、その胞子すらも成長できません。

 ということで、ゴミなどが入らないように柵やネットで防護し、周りを石で囲み、砂が逃げないようにするなど万全の体制が整えられています。

 ちょうどいま引き潮の時間です。

 満潮の時はシチメンソウは海の中ですよ(^_-)-☆

 万全の体制でも、台風や高潮など人知を超えた災害の時はどうしようもなく、定期的に地元の方やボランティアなどの方々が掃除をしています。

 アップをどうぞ…

 背丈は20センチから40センチの高さです。

 私の先祖伝来のムチムチした手で、大体の大きさがわかると思いますが…。

 それにしてもいい天気です…。

 カモメやアオサギが潮が引いてしまうのを待ちきれず、ムツゴロウを狙っています。

 もう一時間待ったら完全に潮が引いてしまうので、ムツゴロウの写真も撮れたのに…(+o+)

 でも有明海って泥臭いイメージがあるのですが、なかなかきれいな海ですね(^.^)

 ここ東与賀海岸は昭和天皇が最後の行幸に来られたところで、昭和62年5月23日の訪問を記念して記念碑と御製碑が建てられています。

 翌年の歌会で詠まれた昭和天皇最後の歌は…

 「面白し 沖もはるかに 汐ひきて 鳥も蟹も見ゆる 有明の海」


 私のおすすめ:

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ