FC2ブログ

怪しげな楽しい本

2008.08.19 08:32|読書いろいろ
 旦那さんのお盆休みも昨日でおしまい(^-^)

 土日をはさんで5日も休んでくれたおかげで、わたくし少々お疲れ気味(-.-)

 今日からまたのんびりと自由にできるなんて言ったら、世の男性からしかられそうですが…(^-^)

 ガソリンも高く、金もないし暑いしってんで主に読書をして過ごしました。

 中でもおかしくて腹を抱えて笑った本がこれ、


 ”神仏ゴシップ芸能記者”を自認する著者が、北海道から台湾にかけて日本神話の疑問点や、京都と東京の心霊スポットを調査したりとまあ、体当たりで調査しているのですが、これがなかなか面白いんですよね。

 表紙を見てお分かりだと思うのですが、まともな視線で見るのではなく、かといって神仏を茶化したり、粗末に考えているわけではないので安心して読めます。

 茶化しているのは自分の行動で、とくに「うわさの神仏/あやし紀行」では著者が無謀にも京都のかつての平安京羅城門から内裏までを歩くという、とんでもないことをやっています。

 行ったことがある方はわかると思いますが、とてつもない距離で、しかも現在の京都市からは少しずれていますので、かつての大内裏の上を道路が走っていたりとかしていますから、歩きにくかったと思います。

 万歩計は23,900歩を越えていたそうです…(+o+)

 いくら仕事とはいえ、自分ではやらないな~(+_+)

 鍛えているとはいえ、足が棒になっちゃうますよね。

 好きでなきゃできません(*^_^*)

 その他にも、七福神の謎、出雲では神在月の謎を追ったり、鎌倉「裏」観光など神仏好きにはたまらない(?)内容になっています。

 この著者の共感できるところは、謎は謎のままにしておけないということ。

 たしかに神話になっている部分は謎なのですが、本や評論家の話だけの机上の結論に持っていくのではなく、自分で体験や実践してみたりして、生のレポートが多いということ。

 この点は大いに共感できます。

 笑い飛ばしながらも、神仏の本当の姿が垣間見れるいい本だと思いました。

 手元に置いておきたい2冊ですが、残念ながら図書館の本(+_+)

 明日返却しないといけません…残念無念…
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ