FC2ブログ

アウトドア百人一首二十八~山里は~

2012.03.30 14:10|アウトドア百人一首
 今月はこれも投稿していませんでした…百首しかない「百人一首」ですけど、なんだか永遠に終わらないような気がするのは私だけでしょうか?(爆)
 
 ということで二十八首目は「冬」の歌です。もう春なんですけどね^^;
 
 山里は 冬ぞさびしさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば  源宗于朝臣
 
 こちらは冬の寂しさを歌った歌なんだそうです。
 
 意味はこちら…
 
山里の景色や暮らし、冬はことにさびしさが身にしみて感じられる。訪ねて来てくれる人もとだえ、心をなぐさめてくれた草もかれはててしまうと…。
源宗于(みなもとのむねゆき)は、光孝天皇の孫に当たります。皇族なのですが、光源氏のように臣下となるわけです。
 
 ということで、いわゆる「都会育ちのおぼっちゃま」の宗于さん。自分は都会を離れて山暮らしがあっていると思っていたそうですが、やっぱり冬はさびしいなぁ~~と思ってこの歌ができたんだそうです。
 
 こういう気持ちは何となくわかりますね…私の場合は逆で、田舎暮らしの不便を知っているから、逆に都会の便利な生活にあこがれていました。まあ、今住んでいるところは都会でも何でもなく、ただの「弥生人村」ですけど(笑)
 
 そんな「弥生人村」の生活も、故郷よりも長くなってしまいましたが、時折あの不便だった田舎暮らしも懐かしく感じます。
 
 今住んでいるところの良さも、かつて住んでいた場所の良さも感じるから、こういう気持ちになるんでしょうね。
 
 ということで、アウトドアになるとこうなります。
 

 


 
 今回は割と楽でした(*^_^*)
 
 普通に考えると「目」の字は少ないと思います。
 
 「眼科」はあっても「目科」ってないし(爆)「目」で浮かぶのは「目玉おやじ」ぐらい?(笑)
 
 幸い土地柄「目」の付くところがあったので楽勝でした。たまに楽な時もあってよいと思いますね(*^_^*)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ