FC2ブログ

橘神社の御朱印

2008.07.29 08:22|神社探訪
 今朝は幾分暑さも和らいでいる北部九州地方。

 たぶん、朝だけで昼間はすごい暑いのだろうなあ…(+o+)

 こういうときは海水浴に行きたいっ!!

 でも水着になると、みんなに迷惑をかける…私を目にした人はきっと具合が悪くなるだろう…(+o+)

 海水浴が出たということで、長崎県雲仙市千々石町の千々石海水浴場の近くにある「橘神社」のご紹介です(^.^)

 私の水着姿とは全く関係ありません(爆)


 橘神社は昭和15年に建てられた新しい神社で、明治時代に活躍し、大正天皇の教育係でもあった「橘周太(たちばなしゅうた)中佐」を軍神として祀ってある神社です。

 神社に祭られている軍人さんって「乃木大将」や「東郷元帥」しか知らなかったので、つい最近まで軍人さんが祀られているって知りませんでした。

 それがこの方…


 陸軍士官学校を経て東宮武官(大正天皇の教育係)、名古屋の陸軍地方幼年学校長を歴任、日露戦争に参戦し、明治37年首山堡(しゅざんぽう)で戦死されたそうです。(享年40歳)

 軍神として教育者として崇拝された橘中佐の遺徳を後世に残すため、当時の日本彫刻界の巨匠”北村西望”氏によって作られた非常に芸術的価値のある銅像だそうです。

  2001年6月18日にギネス登録された「大門松」

 鳥居よりもでっかい門松を作って、ミレニアムをお祝いしたそうです。

 角松を作ったこともない若者が試行錯誤して高さ9.866メートル、孟宗竹の数なんと60本を使って作ったそうです。

 以後、正月前にはこのようなでっかい門松が新年の参拝客を迎えるよう、デデ~ンと立っています(^.^)

 その名も「軍神橋」


 その先、かなり長~い参道になっていて、春には桜並木が見事です(^.^)
 
 結構長く歩いた参道の先、見えてきました本殿です(^.^)




 手入れの行きとどいた立派な本殿です(^.^)

 橘神社だけあって、橘の紋…

 ここの狛犬さん、軍神を祀ってあるためか、マッチョでたくましい…(^◇^)



 この日は「昭和の日」

 宮司さんが気合いたっぷりで祝詞をあげていらっしゃったので、邪魔にならないよう、柏手も控えめに参拝…

 しばらく境内を散策したのち、御朱印をいただくために社務所へ…

 で、いきなりびっくり!!


 「八つ墓村」かと思った!!

 玄関開けると、この方だもん((+_+))あ~、もう…(T_T)

 宮司さんにお尋ねしたところ、祭事に使うとのこと。

 「流鏑馬」か何かかな?

 なお、社務所前に橘中佐の生家があり、そのそばにクランキーチョコみたいにして、「さざれ石」断面が飾ってありました。


 なるほど、同じ種類の石ばかりが固まっているわけではないのですね(^.^)

 御朱印はこちら…


 気合いたっぷりで祝詞を挙げられた後にいただいたので、お疲れだったのかもわかりませんし、書くときに気合が入りすぎていたのかもわかりませんが、何か一つ足りません…(+o+)

 これぞ、「弘法も筆のあやまり」ですね(^_-)-☆

 気がついたのは家に帰ってからで、またお盆のころここの前を通るので、つけたしていただこうか、このままにしておこうか悩んでおります…(+o+)


     橘神社

   長崎県雲仙市千々石町己529
      ℡ 0957-37-2538
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ