FC2ブログ

大本山成田山久留米分院の御朱印(1)

2008.06.05 10:23|寺院探訪
 タイトルを「キング・オブ・珍寺」に変えようかと思ったほど、強烈なインパクトのあるお寺です…(+o+)

 かなり写真を使っていますので、PCが重くなるかもしれませんが、どうぞお付き合いください…(+_+)

 それでは「仏教界のTDL」久留米成田山の世界へ…

 昨日の美容院の帰り、そういや成田山に仏教テーマパークがあるのを思い出し、参拝は行ったとがあるものの、隣の謎のテーマパークは有料(500円)だし、時間もなかったので行ったことはなかったのです。

 で、なんとなくここのHPを見ると、私の好奇心を掻き立てるものが…美容院からは近いので、「これは行かなくては!」と、微妙な天気をよそに行ってきました。

 駐車場を下りてこの階段…


 総大理石で、しかもメノウやヒスイといった宝石を埋め込んでいるすんごい階段!しかも夜はライトアップ!!

 その名も「幸福階段」\(^o^)/うひょー!

 「幸福階段」を登って境内へ…

 大師堂です。



そして本堂…



 どちらも立派な建物です。

 「久留米成田山」正式には「大本山成田山久留米分院」といい、昭和33年、千葉にある「成田山新勝寺」の直系の分院として建立されました。

 ですので、新勝寺ほどの規模はないかもしれませんが、九州ではかなり大きな寺院の一つです。

 境内の傍らに…


 なるほど、岩を裂くほどの信念を持って育った椿!

 しかし、よく見ると…なんか微妙…(+_+)

 きっと、どこからか石ごと椿を持ってきたのでしょうか?

 ちょっぴり不安な気持ちで、いよいよ問題のテーマパークへ…

 じゃん、「久留米のランドマーク」慈母観音像。そして平和大仏塔極楽殿です。


 久留米市内をいくと、たいてい嫌でも目に入る大きさ。

 慈母観音は62m、(ウルトラマンが40m)平和大仏塔極楽殿は38mもあります…(+o+)

 なお、抱いている赤ちゃんは13m!!はあ…

 そしてこの慈母観音、すごいのは大きさだけではありません…\(^o^)/


 額の「白毫」には、直径30cmの”純金”の板に3カラットの”ダイヤ”が18個、胸の瓔珞には直径10cmの水晶と58個のヒスイがちりばめられているということですが、とても見えません…(+_+)

 太陽の日差しが当たると光るということらしいのですが、今日は無理…((+_+))

 なんとも、宝石がお好きな慈母観音…まるで大きな美川憲一だ(T_T)

 こんなとこの宝石を盗ろうとする輩は、おそらく「ルパン」か「キャッツ・アイ」ぐらいでしょう…普通の人では無理です…

 では、500円払って、慈母観音の胎内めぐりと、インド村、平和大仏塔極楽殿、地下洞窟、そして天然石作歴史館へと行きます…。

 この時すでに、ちょっと疲れ気味…なんだかこの雰囲気に押され、圧迫感を感じます…(+_+)

 しかも、私のほか、誰もいません…((+_+))

 平日にこんなところ(失礼しました)に来る人もいないだろうし…

 しかし、気を取り直しGO!

 慈母観音の足元にいる狛犬です…



 大理石の狛犬です…うひょー\(◎o◎)/!

 なんとなくですが、インド村というだけあって、そっち系の作りですね。

 おそらく、私が出会った狛犬の中で、一番豪華な狛犬でしょう…((+_+))

 あくまでもお寺ですので、お参りを済ませ、胎内めぐりの通路に行く途中、たくさんの羅漢が…


 私は「羅漢」と聞くと、法隆寺や大分の羅漢寺などで見た「羅漢」のイメージが強く、嗚咽や悲しみが伝わってくるような、そんな印象があるのですが、ここのはなんか違う…(-_-;)

 専門の方が作ったものではないのでしょうね(^.^)きっと(^_-)-☆

 どうみても、「スターウォーズ」にでてくる「ヨーダ」っぽい…

 さあ、羅漢の妖気に見守られて、胎内へ…そして地下洞窟などへ行きますが、今日はここまで。

 あまりにも写真が多くて、掲載しきれません…(+_+)

 これから出かけないといけませんし…

 早ければ夜にでも続きはできるかもしれませんが、明日になるかも…

 さあ、果たして私は無事に戻ってこれたのでしょうか?

 こうご期待\(^o^)/
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ