FC2ブログ

水堂安福寺の御朱印

2008.05.31 15:43|寺院探訪
 恥ずかしながら、今日は私のン回目の誕生日。

 どなたこなたのおかげで今日の日を迎えることができました。

 ありがたく感謝するとともに、これからも精進していきたいと思います。

 で、今日の日付の付いた御朱印を…と思い、旦那さんの用事で付いて行ったところのそばに、5/19~8/15まで「出水法要」が行われている「日輪山 水堂安福寺」に行ってきました。

 地元では「水堂さん」(みっどさん)と親しまれています。

 なんか、英語みたいですね\(^o^)/

 「MID SUN」なんちゃって(^◇^)

 725年、ある猟師が一匹の白鹿を見つけ、射止めたところ金色の光を放って消えてしまいました。
 
 不思議に思った漁師はそのそばに行くと、石の観音様に猟師の矢が刺さっていたことから、漁師は悔い改め、法弓という名前に改めこのお寺を作ったそうです。

 その後平安時代、高倉天皇がご病気となり、夢に「肥前の国の日輪山に霊水があるので、それを飲むと病気がよくなりますよ。」とのお告げがあり、当時ここの領主であった平重盛がその霊水を献じたところ元気になられたとのことです。

 それから今日まで、ここの霊水を求める人が多く、「出水法要」の期間中、3~4万人の人が訪れるようです。

 駐車場から観音堂へ階段を上がると、葦ぶきの観音堂が見えます。


 朝が早かったので、誰もいないようです…が、裏の霊水堂に行くと、先発隊がいました。


 ペットボトルをたくさん持ってきているようですが、水が入ったときすごく重くなるだろうに、大丈夫かな?

 冷水を汲むところは一か所、しかもチョロチョロしかでないので、結構並んでいます。

 御朱印をもらって眺めていると、それを見ていたおばあさんが、「あんた、若いのに信心深いね~。」と感心してくださいました(^.^)

 それを見たほかの人も感心して、なんと順番を譲ってくださいました。

 断ったのですが、押し切られてしまいました。

 これも御朱印のおかげでしょうか?

 ありがとう、おばあちゃん\(^o^)/

 で、これが「霊水」です。


 まあ、普通っぽいのですが、何年たっても腐らないお水だとか。

 なるほど、昔ここから京の都に運んでも腐らなかったわけだ(^.^)

 霊水堂と薬師堂との間に「十六羅漢」がお出迎え。


 なんだか、楽しそうに笑っています\(^o^)/

 きっと、私に「ハッピーバースディ」を歌ってくれているのでしょう(^.^)

 ありがたや(^.^)

 参拝が済んで、階段を降りようとしてビックリ\(◎o◎)/!

 あまりにも急階段だったのです。

 上っていくときは気がつかなかったのですが、この階段昔からのものなのでしょう、幅が小さくて怖い(@_@)


 私の足のサイズは24センチですが、足の指が完全に出てしまいます。

 しかも角度は転げ落ちそうなほど…

 これでは「宝塚の大階段」ではないですか\(◎o◎)/!

 とてもじゃないが、歌って踊って降りられません…(>_<;)

 しかし、怖い思いをしておりて見ると、アジサイの花が労をねぎらってくれました。


 さて、御朱印です。

 お誕生日の日付だけはしっかり入れていただきました。

 肝心のプレゼントは…旦那さんが救急車で運ばれ、検査等で4万円近くもかかってしまい、今月は赤字のためナシ!

 ま、仕方ありません。

 特別欲しいものはないし、健康で養っていただければそれでいいと思います。

 どうしても…と言われれば、「福沢諭吉の絵の付いた紙」をできるだけたくさん…とでも言っておきましょうか(^.^)


    日輪山 水堂安福寺
 
   佐賀県杵島郡白石町堤3144
      ℡ 0952-84-3033

    http://www.mizudou.com
  ★ 駅からはタクシー、車しか行けません。
    



 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ