FC2ブログ

宇今山普光寺の御朱印

2008.05.10 15:48|寺院探訪
 今日は、全国的に寒い一日だそうで、ここ北部九州も、寒かです(+o+)

 冷たい雨ですし、あわててババシャツを出してきています…

 今日は、私の出生地でもある、福岡県大牟田市の「宇今山 普光寺」をご紹介いたします。

 本当はもっと早くご紹介したかったのですが、季節の行事とかがあると、どうしてもそっちが優先的になってしまうので、季節に関係のないときに伺ったお寺さんは、後回しになってしまいました…(>_<;)




 普光寺は823年に創建されたお寺で、ここ大牟田市は、かつては三井炭鉱で栄えた町です。

 現在は閉鉱し、静かな町になってしまいました。

 私が生まれたころは、炭鉱はもう閉鉱していたのですが、その名残というか、町は元気でしたし、子供の頃、母の実家に遊びに行っていたときは、「石炭風呂」が、各家庭にあって、夕方になると、石炭の匂いがあちこちでしていました。

 今は、もうそんな匂いはしていないので、たまに町に行っても、懐かしい匂いがないのが残念に思います。

 さて、お寺さんですが、本堂の拝観は毎月一日と、第一日曜の午前中ということなので、堂内は雑誌のスキャナーで…


 中央の本尊は「伝教大師」作と伝えられる、「千手観音菩薩」で秘仏。

 雑誌にも、秘仏ということなので、お写真は載っていませんでした…。

 本堂には、ちょっと珍しい、不動明王がいらっしゃいます。


 これも、雑誌からなのでわかりづらいのですが、

        「上の歯で、下唇を噛む」

 という、普通とは逆のスタイルをとっています。

 なぜこうなったのかは、全くの謎だそうです。

 「うっかり」なのか、何かの意図があるのか…こういう謎は大好きです(^v^)

 古い石塔群もあります。



 写真には全部写せないので、五輪塔が74基、宝篋印塔4基、その他5基あるそうです。

 年代は1317年~1520年。南北朝の時代ですね(^.^)

 そして、ここは「臥竜梅」が大変有名で、期間中、10万人の人が来るそうです。

 小さな山寺ですから、大変な混雑らしく、それでもファンの人は毎年のように見に来るとか。

 私が、4歳か5歳の時に来ているらしく(全く覚えていません)、写真を探したのですがなかったので、これまた雑誌から…


 私が伺ったときは、梅の時期は終わって、剪定もしてしまっていたのですが、梅の木の大きさには驚きました。

 さすが、福岡県の天然記念物!!

 お参りが済んで、御朱印をいただきに行く途中、ふと見ると…
 「なまず佛」という、仏さま。

 皮膚病や、病気を回復とあります…

 なまずのヌルヌルから来ているのでしょうか?

 つるつるしたお肌になるようにと、お願いするのでしょうね。

 しかし、これは私にはまったく無縁。

 私はなぜか、肌だけ(?)はきれいらしく(本人の自覚はありません)、初めて会った人とかは「奥さん、肌だけはきれいですね~。」と言われます。

 肌だけで悪かったな!ちくしょうめ!!

 「肌も」ではなく、「肌だけ」ですからね~、笑っちゃいますよ(+o+)

 はてさて、御朱印を無事にいただきました。

 臥竜梅のハンコも付いています。



★ 雑誌はすべて、「九州西国霊場の旅」/山と渓谷社より、写させていただきました。

     九州西国霊場15番札所

       宇今山 普光寺
       
     福岡県大牟田市大字今山2538
        ℡ 0944-51-2966

  ★ 観梅シーズンは有料。
    山間部のため、道は狭く、坂道が多いので、気をつけてください。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ