FC2ブログ

陶山神社の御朱印

2008.05.01 16:41|神社探訪
 昨日、「有田の陶器市」に行ってきたので、今日は有田にある「陶山神社」をご紹介いたします。

 今日みたいな天気だったらよかったのに…(+o+)
 
 今日は昨日と打って変って過ごしやすい(^.^)

 昨日は暑すぎた~(+o+)

 で、いきなりですが、鳥居と本堂です…


 朝が早くって、しかも逆光!

 暗くてすいません…境内もせまく(小山の上なので)、移動ができませんでした(+o+)

 よう見てください、この鳥居は陶磁器でできています。

 この鳥居は明治21年に有田の陶工によって作られ、天然の呉須で描かれた、素晴らしい鳥居です。

 鳥居のアップです。


 残念ながら、台風で倒壊してしまい、傷だらけのローラ・・・

 ここ陶山神社は正式には「すえやま神社」と呼ぶそうですが、地元の人は「とうざん神社」と音読みで読んでいます。

 祭神は応神天皇、李参平公、鍋島直茂公です。

 李参平とは有田焼最大の功労者で、この方なくして有田焼はないといっても過言ではないのです。

 秀吉の朝鮮出兵の時、連れて来られた陶工の一人で、最前線にいた鍋島直茂軍の案内役をしたのが彼です。

 その李参平が有田で白磁石場を発見し、現在のように発展したのです。

 大正6年には彼に対する尊敬の念を忘れることのないよう、記念碑が建てられ、5/4には陶祖祭が行われています。

 現在も、李参平の直系の子孫の方は、有田に住んでいらっしゃるそうです。

 では再び、神社へ…

 ここの狛犬さんも磁器です…


 なんだか、びっくりしているようにも見えます…(^.^)

 きっと、”自称“藤あや子似の私が来たからでしょう(^.^)うそ、うそ(+o+)

 素晴らしい狛犬と思っていたら、明治20年に奉納された今右衛門の作だそうです。

 昨日買ったコーヒーカップのとこだ!(ドライブの書庫にあります)

 高さは82センチということですから、普通の狛犬とあまり変わりません。

 これだけの狛犬を作る窯って、かなり大きかったと思います(^.^)

 狛犬の手前にも、大水瓶が…


 明治22年、井手金作さん他の作品だそうです。

 あと、作者はわかりませんが、陶磁器の灯篭が…


 台風で倒れたり、傷がつかないようにするためでしょうか、金網で囲っています…ちょっと残念ですが、仕方なかですね~

 あと、本殿の鈴の上にはごらんのとおり、昭和天皇の即位50年記念のお皿が飾られています。

 深川製磁の作ったお皿ですが、写真ではわかりにくいですが、上のお皿には金彩で「菊の御紋」が書かれています。

 
 「マイお守り」も作ってくれるそうで、(1個1000円)詳しいことはHPで見てください(^.^)

 よくできていますよ(^.^)

 朝が早かったのに、快く御朱印をくださいました。

 なお、ここの宮司さん、バルーンのパイロットもしているようです。
 なかなか、かっちょいい~(^.^)




     陶山神社
   佐賀県西松浦郡有田町大樽2-5-1
      ℡ 0955-42-3310

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ