FC2ブログ

天鼓山来雲寺の御朱印

2008.04.17 16:58|寺院探訪
 やっと、ご紹介できることになった、「天鼓山 来雲寺」です。
 もっと、早くしたかったのですが、いろいろと…(+o+)
 別に変な意味はありません。

 佐賀県唐津市の鏡山の西のふもとにあるお寺さんですが、探すのに一苦労しました…(+o+)
 山の中をぐるぐる行くわけではなかったのですが、目印になるようなものもなく、小さな看板があるだけで、いろいろな道が分岐しているところだったので、「はて、どっち?」と思案したこと約10分。
 大きな道から行ったのですが、ナビの示す位置から離れてしまい、引き返し、また別の道へ…そんなこと繰り返し、まさかと思った、耕運機しか通れないような細い道がお寺さんの道だったんです…(+o+)参った…

 不安になりながらも、歩いてお寺さんに行くと、ありがたいことに人が…。
 「人だっ!」
 もう、こんな時に人に会うと、神様に見えますよね。
 ハウスミカンを手掛けている農家の方でしょうか、ビニールハウスの中に入っていくのを呼びとめて、道を尋ねると、
 「すぐそこよ。がんばって行って来んね。」
 親切に教えていただきました(^.^)
 すると、お寺さんが…
 なるほど、小さいお寺さんだったんで、道路から見えなかったんですね。

 
 私のような若輩者は、観光地でのお寺さんのイメージが強く、大きな本堂に、大きな釣鐘、大きな賽銭箱、そしてやたら線香の匂いが…という貧しい発想しかなかったものですから、いわゆる…
          
         ”灯台もと暗し”

 に、見事ハマったんでしょう。
 これを機会に、認識を改めねばと、今更のように思ったわけです…。

 さて本堂に…


 残念ながら、御本尊は閉じられていました。
 いつも開帳していないのか、よくわかりませんでした。(聞くのを忘れていました)
 しかし、驚いたことに写真のすぐ右となりに「納骨堂」がありました。
 お寺さんの中に?ですよね。
 外にはコンクリート製の納骨堂があるのですが、本堂の中にもあったのです。
 京都のお東さんは、納骨を申し込めば戒名の書いた紙を、納骨できたのですが、ここにあるのは本物の骨壷だったんです。
 ここの風習なのか、お寺さんがそうしているのかわかりませんが、私にとっては初めて目にした光景でしたね。

 ここのお寺さんは小さいのですが、お庭の手入れもよく、枯葉一つも落ちていないんです。
 もちろん目立ても完ぺき。
 行きは苦労しましたが、帰りは気持ちよく帰れました。
 お寺さんの不思議な力かもしれませんね。とりゃっ!



     天鼓山 来雲寺

      佐賀県唐津市宇木2072
          ℡ 0955-77-0463

 ★ 住職はお留守の時が多いようです。
   道がわかりやすいようで、現場に着くとわかりにくいですので、一番細い道が     お寺さんの道です。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ