FC2ブログ

アウトドア百人一首二十七~みかの原~

2012.02.29 09:40|アウトドア百人一首
 うるう年の今日、めでたく「アウトドア百人一首」の投稿です(*^_^*)
 
 と言いつつも、単に月末になっただけなんですけど…もっと早く投稿せねばと思いつつ、なかなか寒くて看板ゲッツが厳しいですね。
 
 昨日久留米のパーマ屋に行ったのですが、隣のビルの日本料理屋さんが倒産していました。
 
 見ると久留米の街中もかなりお店がなくなっています。天下のブリ●ストンの町もこの不況下で厳しい状況なのかもしれません。
 
 ということは私の看板探しもかなり厳しくなります!急がねば、急がねば…。
 
 ということで二十七首目は地域がよくわからない歌です。
 
みかの原 わきて流るる いづみ川 いつ見きとてか 恋しかるらむ 中納言兼輔
 
 中納言兼輔とは「藤原兼輔」のことで、紀貫之と親交のあった歌人です。
 
 兼輔の屋敷が賀茂川の堤…と言ってもどの辺なのか謎ですが、とにかく堤にあったことから「堤中納言」と呼ばれていたそうです。
 
 「堤中納言」と聞いてあっと思われた方、「堤中納言物語」が浮かんだと思いますけど、あれとは全然違うようです。
 
 
 歌の意味はこのようです。
 
みかの原(現在の京都府相楽郡)に湧いて流れるいづみ川よ。その「いつ」という言葉ではないけれども、わたしはいったいあの方にいつお逢いして、こんなに恋しいと思うようになったのでしょう。お逢いしたこともないのに。
 
 「いづみ」と「いつ見」の掛詞ですね。掛詞を用いることでより強調された言い回しになっている感じですけど、現代人からすると「逢ったことない人に恋い焦がれる」というのはちょっとアブナイ感じですよね^^;
 
 「逢ったことがないのに好き」な人は…早乙女太一君、金城武ちゃん、Gacktさま、藤本隆宏さん…10代のころは林隆三さん、舘ひろしさん、フレディー・マーキュリー、20歳前後のトム・クルーズ、10歳未満だと阪神の掛布などなど、タレントや有名人が普通ではないでしょうか。
 
 いずれにしても現代の恋愛の感覚とは違うのは明白ですが、もし手の届くところに掛布がいたら、私はリアルな恋をしたのだろうか…ワハハ、これはもう謎ですね(爆)
 
 皆さんの憧れの有名人やアイドルはどうでしょうか?
 
 ということで、アウトドアになるとこうなります。
 

 

 
 今回は割と楽でした…。
 
 と言っても、難しいのは変わらず「づ」ですね><
 
 以外にないのが「恋」です。「愛」は割と地名にあるのですけど、「恋」のつく地名は限られていますし、かといって今後の百人一首にはまだ登場してきます。
 
 そのたびに「嬬恋」まで行くわけも行かず…こうなると、映画館を狙うしかないですね^^;
 
 「恋」のつく映画、最近あったかな~??
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ