FC2ブログ

【the寂聴】他

2010.02.15 14:24|読書いろいろ
 オリンピックが開幕し、マスコミの異常なまでの過激なメダル候補の放送に、いささか嫌気がさしている今日この頃、とりあえずワイドショーは見なくとも、競技の中継は見たいので、オリンピックの競技が本格的になる前に読んだ本を…

 相変わらず支離滅裂ですが、今回は本当に支離滅裂です><




瀬戸内寂聴さんが編集した雑誌です。

 雑誌ですので、写真や挿絵もふんだんですが、結構文字も多くて、対談あり、過去の名作(初版本)の総括など、内容が濃い雑誌でした。

 特にこの雑誌のコーナー、【ぐるり名刹散歩】に昨年行った石山寺のことが書いてあったので、ルンルンして読みました、ルンルン(^^♪

 そこには昨年お会いした秘仏の写真が載っていました~~~❤


こちらの御本尊は「如意輪観音」ですが、往来のものと違い、通常は手の部分が6本で、頬に手を当てているものが多いのですが、こちらは手が2本、しかも左足を下に下ろしている珍しい如意輪観音様です。

 私がこの仏像の前で1時間もいたの、なんとなくわかっていただけますか?(笑)

 んで、次の本はまったく正反対で、しかも問題作の原作本です…><




これは、かの有名な映画「ソドムの市」の原作本です。

 内容は…書けません><こちらからどうぞ… 映画「ソドムの市」


 ま~、読んでいて私も平静でいられないような内容でした…。

 人間、金と権力だけはたくさんあっても、目の前の社会構造が破滅になったりすると、こういう狂信的なことをして楽しむものなのか…美男美女は要注意ですな…。

 変態丸出しの本から一変、心洗われる素晴らしい本を…




 これはとても人気のある本で、やっとこさ私のところにやってきた本です。

 山口県にある国宝瑠璃光寺五重塔に関する縁起と、それに携わった職人と、塔に魅せられたある一族のお話です。

 国宝に指定された五重塔の巻斗に記された花押から物語が始まります。

 宮崎県椎葉村の神主の息子である宮大工の青年と、若狭の新田義貞の末裔である武将の側室とその娘、全く違う場所での物語がこの五重塔の建築によって一つになるのですが…。

 壮大なスケールのお話です。 ラストに書かれた、【五重塔を見た人間には『美残し』だが、巡り合えなかった者には、この世に名残を残す『見残し』の塔だと考えた。】には、唸ってしまいましたよ!!

 まさにその通りです(^◇^)



 私は『美残し』のほうでよかった(*^_^*)

 それくらい美しい素晴らしい塔だということなんですね(^.^)

 あ~、この本を読んで、もう一度行きたいな(^^♪

 そんな気にさせる本です。

 このようにジャンルにとらわれずに読んでいきましたが、次はオリンピック中継を見るので、たくさん読めないかも?

 今回はどちらも分厚い本だったので、これくらいしか読めませんでしたが、【見残しの塔】は絶対お勧めです!!

 他1冊…計4冊。合計9冊(2月15日現在)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ