FC2ブログ

志賀海神社の御朱印2

2013.01.17 13:22|神社探訪
志賀海神社の御朱印2 1

ということで続きです。

 楼門をくぐって御神木の前を通ったら拝殿があります。

 海の神社らしい、シンプルだけどとてもきれいな拝殿でした。

 拝殿の左側におみくじが二つありますけど、向かって左側は「恋みくじ」だそうです。こういうのは…カップルで一緒にひくものなんでしょうか^^;

 そしてここの拝殿で参拝するときも、御潮井があるんです。


志賀海神社の御朱印2 2

立札にあるように、「左・右・左」で砂を体にかけて、それから二礼二拝一礼でお参りします。

 入り口で清めるのはいくつかありましたけど、参拝の時にこの作法は初めてでした~。たぶん、全国的に珍しいかも?

 本殿の屋根も美しいです。


志賀海神社の御朱印2 3

ここの神社はびっくりするものがいろいろあるのですけど、灯籠がとても古くてびっくり!

志賀海神社の御朱印2 4

こちらは「元禄六年」と刻まれていて、誰の奉納かはわからなかったのですけど、この時代は綱吉の時代ですね。1693年ですから…私も皆様も生まれていませんな^^;

 ちなみに元禄時代というと「忠臣蔵」ですけど、討ち入りは元禄15年ですから、これからしばらくのちになります。と、考えると、この灯籠がいかに古いか…ということになりますね。

 海風がキツイ志賀島にあって、よくここまで残ったものだと感心します。

 そしてもう一つのビックリはこちらです。


志賀海神社の御朱印2 5

ココの神社で最も有名なのが、この「鹿角堂(ろくかくどう)」です。立札には「鹿角庫」と有りました。

 これ、全部鹿の角で、ここには約1万本の鹿の角が納められています。

 その昔、神功皇后が対馬にて鹿狩りをされ、その角を多数奉納されたことが起源とされていて、昔は祈願成就に鹿の角を奉納する習わしがあったそうです。

 噂には聞いていましたけど、これはすごかったですよ…。角もすでに白骨化していて、ご覧のように苔むしてます^^;

 もちろん、神功皇后が一万頭の鹿の角を納めたわけではなく、この近くの漁師さんたちの網にかかった鹿の角なども納められたといわれています。

 ということで、こういう銅像もありました。


志賀海神社の御朱印2 6

志賀島は「鹿の島」から来ていると思われがちですけど、それは違っているそうで、「近い島」がなまって「チカシマ」「シカシマ」…で「シカノシマ」になったそうです。ああ、口がまめらん…il||li▄█▀█●il||li

 確かにこういう鹿の角を見ると、「鹿の島」って思う人が多いのもわかるような気がします。

 この島には遥拝所があって…


志賀海神社の御朱印2 7

鳥居は遥拝所で、その下に囲ってある石がありますが、これが亀石です。

 海の神様である「安曇磯良(あずみいそら)」が、神功皇后の三韓征伐の折に、海路の安全を祈願し、協力を求めたところ、ウミガメに乗ってやってきた…という故事にちなんでおかれた物なんです。

 この安曇磯良は、この神社の宮司「安曇氏」の祖神と言われています。

 安曇氏は古代日本を代表する「海神族」として知られ、古代からこの地にいらっしゃる方だそうですが、残念なことに平成20年に宮司が亡くなって、現在は(たぶん)県神社庁長の西高辻信良・太宰府天満宮宮司がピンチヒッターでいらっしゃるようです。

 いずれまた安曇一族から宮司が出てくると思いますが、日本全国にある「あずみ」や「あつみ」の地名があるところは、この安曇氏が散らばって行ったところなんだそうです。よく知られているのは「安曇野市」ですね。


志賀海神社の御朱印2 8

御朱印はあらかじめ書かれているものをいただきます。

 宮司さんはいらっしゃるけど、日付だけ書いてくれます。たぶん、直接書かないのは、上記の理由からかな?わかりませんが…^^;

 その昔は志賀島はドライブで、意味もなくグルグル島の周りをまわってブイブイしてましたけど(笑)、よく考えるとこの島自体は神域なので、畏れ多いことをしていたものだと思います^^;

 今ではとても珍しい、古代からの神事が多くて原生林が多いこの神社は、なかなか気持ちよかったです。

 魚介類もおいしいし、志賀島はいつ行ってもいいですね~(*^_^*)

志賀海神社の御朱印1

2013.01.15 15:20|神社探訪
志賀海神社の御朱印1 1

今年最初の神社仏閣記事は、私がまだ初詣ができていないので、過去に行ったものを先に投稿します。

 今年は5万コメントを超えたので、初詣に関する「プレゼントクイズ」を考えていますので、その時は一緒に楽しんでいただけたらなぁと思っています。

 写真は福岡県志賀島にある、別名「龍の都」と呼ばれる、志賀海(しかうみ)神社の一の鳥居です。

 志賀島と言えば、有名なのは「金印」ですね。私の中では、『日本ガッカリ国宝№1』ですが(爆)

 だって…だって…あまりにも小さいもん!写真で見るのと現物は全然違いますよ^^;福岡市博物館へ行って見てください!小っちゃくてビックリしますから。
 きっと黒田節でおなじみの「日本号」のほうが見ごたえがあると思います。

 と、それはおいといて…神社へ参拝するには、まずこちらを。


志賀海神社の御朱印1 2

御潮井(おしおい)」と呼ばれる清めの砂で体の穢れをとってからレッツゴー!

 筥崎宮もありますね~。

 海に面している神社は多いんでしょうか?


志賀海神社の御朱印1 3

一ノ鳥居をくぐって行くと、麻生太吉さんが奉納したすごく大きな灯籠があります。

 麻生太吉さんは、現財務大臣の麻生太郎氏の曾おじいさんになります。福岡の神社は麻生さんをはじめ、炭鉱王が奉納したものがとても多いですよ。

 火袋のところが新しいので、平成17年の福岡西方沖地震で壊れて修復したのかもしれません。

 で、すぐそばには宝筺印塔がありました


志賀海神社の御朱印1 4

3メートルを超えたこの塔は、福岡県では最古のもので、県の文化財に指定されています。これは…無事だったようですね。新しいものの方が壊れやすいのか?謎です^^;

 マテバシイなど、原生林の中をズンズン歩いていくと、やっとこさ見えてきた楼門。


志賀海神社の御朱印1 5

手前は神様が通る、太鼓橋です。普通の人間が渡ることはできません。

 一流アスリートでも、足首が鋭角に曲がってしまうので、アキレス腱を痛めること必至!やはり神様しか無理なんです^^;

 で、楼門前のエースは、これまたご立派!

志賀海神社の御朱印1 6


 頭から首がなくて肩になっている…なんだか、今の私のようです。他人とは思えない…^^;

 このタイプ、同じ福岡県の宇美八幡宮のものとよく似ていますね。


楼門を入って、目の前に御神木があるのですけど、神社でたまに見かける、例のものが堂々とあります!

志賀海神社の御朱印1 7

最近の陰陽石って、神社の隅っこに追いやられている感じがありますけど、ここは神社のど真ん中。しかも、御神木の真下にあります。

 おおらかっすね^^;

 こちらの絵馬が面白くて…。


志賀海神社の御朱印1 8

「金印」って書いてあるんですよね。昔々の字なのかな?

 こういうシンプルなのもいいですね。絵馬を集めようかな…とか思いだしたこの頃(*^_^*)

 ということで、写真が多いので続きます。

伊萬里神社の御朱印

2012.11.27 09:32|神社探訪
伊萬里神社の御朱印 1

すっかり紅葉記事が板についてしまって、肝心の神社仏閣記事がご無沙汰になってしまいました^^;

 当ブログは神社仏閣ブログですよ(爆)

 ということで、こちらは佐賀県伊万里市の伊万里川沿いにある、「伊萬里神社」。

 伊萬里神社はもともと「香橘(こうきつ)神社」と言われ、昭和30年ごろに伊万里にあった別の神社と合祀して「伊萬里神社」になったそうです。

 香橘(こうきつ)…橘の実のことですが、垂仁天皇の命を受けた田道間守(たじまもり)が、不老長寿の妙薬として珍重された「非時香果(ときじくのかぐのこのみ)」を求めて大陸に渡った帰りに、上陸したのがこの地、伊万里だったそうです。

 非時香果は「橘」のことで、お菓子の「菓」の字の草冠をとると「果」…つまり、昔はお菓子と言えば果物のこともをさしていたようです。


伊萬里神社の御朱印 2

いきなりエースのお出迎え!

 いかつい顔して、なかなか彫が深い!まるでオリンポスの神々のよう…ちょっと濃い顔ですね^^;素晴らしい枯れ具合…。

 お菓子と伊萬里神社のことはおいおいとして…美しい太鼓橋を渡って行きます。


伊萬里神社の御朱印 3

写真右側が伊万里川です。この川を下っていくと伊万里湾ですね。

 なんと美しい竜宮門!


伊萬里神社の御朱印 4

昨日は紅葉、今日は青紅葉(爆)

 この竜宮門は平成5年に修理が終わったそうです。

 川に面しているので、その昔、伊万里焼を運ぶ船の安全を見守っていたんでしょうね…。


伊萬里神社の御朱印 5

この大楠は「むすびの大楠」と言って、縁を結んだり、実を結ぶといった縁起を担いでいるんだそうで、看板には奥の細い方のクスノキに注連縄で結ばれていたはずなのですが…このときは注連縄がなくて切れていた?結んでいないんじゃ…^^;

 ま、ないものは仕方がないので…ずんずん登っていきます。


伊萬里神社の御朱印 6

♪ずん、ずんずん、ズンドコ~(キ・ヨ・シ)で、ちょっときつい勾配でしたが神門がみえて~~。

 こちらが拝殿です。


伊萬里神社の御朱印 7

広々とした美しい拝殿です。写真右のある木が橘の木…だったはず^^;

 屋根の部分には、神紋の橘。ということで、御祭神の中の一人に「橘諸兄」がいらっしゃいます。

 ここが橘のゆかりの地として、後世橘諸兄の子孫たちが祀ったんだそうです。子孫の〇麿さん、ご存知でしたか?

 本殿はちょっと崖の上から撮影しました。


伊萬里神社の御朱印 8

拝殿から見ると、この奥行きがわかりにくかったですが、拝殿と本殿との間が少し長いですね…。

 さて、伊萬里神社の末社には、「菓子祖・中嶋神社」があります。


伊萬里神社の御朱印 9

この中嶋神社は、かの太宰府天満宮にも末社があって、やはり実の成るという御縁であるのかもしれないですね。

 今でこそお菓子と果物はしっかり区別されていますけど、昔は一緒というのが面白いですし、昔の人に比べたらたくさんのお菓子に囲まれている私たちは幸せにありがたく思わないといけないなぁ…などと、”このときだけ”思いました^^;

 お菓子の神様を守る狛犬が、これまた味わい深くて…。


伊萬里神社の御朱印 10

妙に団子っ鼻!阿像のほうはもげちゃったのでしょうか^^;

 そしてお菓子の神様の御縁かどうかわかりませんが、実はあの♪チョコボ~ルゥでおなじみの、森永製菓の創始者、森永太一郎氏が伊万里の出身です。

 もともと焼物商人だった太一郎氏でしたが、事業に失敗し洋菓子製造の技術を学んで今日の基礎を作ったそうです。

 ノーベル賞を受賞した山中教授と同じく、やはり失敗は成功の母ですな!

 地元のヒーロー森永太一郎氏の胸像は、伊萬里神社より高い位置から、街を見下ろしています
>(*^_^*)


伊萬里神社の御朱印 11

ちなみに、森永太一郎といえば、現在与党でもないのに、糞マスゴミの批判の矢面にされている野党第一党の総裁の奥様が、この方の曾孫にあたりますね。

 御朱印はコチラ…


伊萬里神社の御朱印 12

平成22年…来年は平成25年…il||li▄█▀█●il||li

荒熊稲荷神社の御朱印

2012.10.30 09:45|神社探訪
荒熊稲荷神社の御朱印1

 初めから書いときます!平成22年の訪問です(爆)

 こちら、伊万里市にある「荒熊稲荷神社」。ちょうど、あの「カッパのミイラ」で全国的に有名な、松浦一酒造さんの近くにあります。

 訪問した日は御祈祷の日か何かだったのか、とてもたくさんの人が見えていました。

 ここは「肥前七福神めぐり」の中の一つです。


 エースは灯籠型でした。

荒熊稲荷神社の御朱印2

 灯篭型のエースはほとんどがこの形ですね。なぜだろう…。

 拝殿はコチラです。


荒熊稲荷神社の御朱印3

 まだまだ新しくて、青空と朱色がとてもまぶしかった…。

 神社の由来は…うまくまとめられなかったので、こちらをどうぞ。


荒熊稲荷神社の御朱印4

 現在は3代目…ということで、神社そのものの歴史はまだ浅いようですね。

 でも、戦争の前後の混乱期…物資、ことに食料がない時代にここを拡張したというのは、やはりすごいことだと思います。

 今だったら、きっとそういう金があったら被災地に回せ!とか、ネットでたたかれるんでしょうね。それからすると、信仰って…そう遠い昔の話ではないけど、いろいろ考えさせられます。

 末社もお稲荷さんでしたが、ここの末社の狛犬がなかなか可愛い!


荒熊稲荷神社の御朱印5

 ちょっとコミカルな感じ。お稲荷さんの末社ということで、狐の神使かと思っていたら、ここのは狛犬が多かったです。

 2年前なので…今は変わっているかも?(笑)

お稲荷さんと言えば、この鳥居。


荒熊稲荷神社の御朱印6

 で、拝殿の中に入ると、御祈祷中で熱気むんむん!
 
 御朱印も中で受け付けてくれるようだったので、受付をしている氏子さんにお願いしたのですが…。

 「あの、御朱印をお願いします。」
 「はい、お願い事はなんですか?」(氏子さんが紙に書くスタンバイをする!)
 「いえ、お願い事ではなくて、御朱印なんですが…。」
 「ですから、お願い事はなんですか?」
 「あの…御朱印はこちらではないのですか?」
 「いえ、ここですよ。」

 ええ~~~!話が通じない!私が変なの?お願い事して御祈祷しないと御朱印がもらえないのかな?

 などと考えていたら、隣に座っていた別の氏子さんが、

 「じいさん、御朱印ってアレじゃ。肥前何とか…じゃろ?奥さん。」

 まあ、娘さんじゃないし、とりあえず奥さんには間違いないけど(爆)、

 「ワシが書くよ。」と、助け船を出してくれた氏子さんが書いてくれました。


荒熊稲荷神社の御朱印7

 おそらく最初に尋ねた氏子さんは御朱印を書かれたことがなかったか、御祈祷する人がとても多かったので、混乱していたかだったのでしょう。

 ああ、ドキドキした^^;


高森阿蘇神社の御朱印

2012.10.13 18:25|神社探訪
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
プロフィール

ふぅ

Author:ふぅ
メインは神社仏閣ブログです。
現在突貫工事中です。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ